文字サイズ変更さらに拡大|拡大|標準

【東灘区】ショートステイ担当者との意見交換会

[平成30年3月30日(金)]【東灘区】ショートステイ担当者との意見交換会

場所/高齢者ケアセンター甲南 時間/14:00~15:00
参加者/17名(SS担当者5名、ケアマネジャー11名、あんしんすこやかセンター職員1名)

平成29年度最後の勉強会は、ショートステイ担当者との意見交換会でした。
以下、簡単に意見を書いていきます。(冨田理事の議事録参照)
☆緊急ショートの受け入れの考え方と対応状況について、虐待における緊急ショート対応状況について
・虐待で受け入れた件数は、施設によって違いあり。緊急一時保護サービス(やむ措置)で利用してもらった件数は全体で1件。その際の区の対応についてばらつきがあるように思う。
・静養室を利用できる施設あるが、定期利用でほとんど居室が埋まっているという意見が多かった。
・緊急短期入所受入加算については、ケアプランに記載していない利用者を受け入れた場合には算定することが出来るが、算定するか迷うことがあるという施設もあった。ケアマネジャーから伝えることが必要。

☆ショートステイ担当者からのお願い
・緊急で利用する前にショートステイを定期的に利用してもらえれば、現場との葛藤もなく受け入れられる。
・男性の受け入れが特に難しい。部屋数が少ない。
☆ケアマネジャーからのお願い
・老施連の空き状況システムの更新をお願いしたい。

☆事前の質問についての回答
Q1.夜間帯転倒リスクがあるために付き添いをするが、暴力あり。専門医の受診拒否。何かいい方法はないのだろうか。
⇒A.医療保護入院することとなる。治療が必要な方は一緒に家族や本人に進めていく。

Q2.家族や後見人のひとがいなくてもいいのか。
⇒A. 病院での治療や判断に悩む際はケアマネが来てくれるのか。 判断してくれる人が必要。
後見人制度の利用を勧める。家族関係を調べる。疎遠の親族でもいいので、確認の電話などしておく。任意後見の活用。
保証人や医療同意見もできると言ったサービスもある。←要注意

☆意見交換会の感想
普段、電話でのやり取りの多いショートステイの担当者さんと顔の見える関係を築くことで連携が取りやすくなるなと感じました。今後の課題も見えてきたので、次回の会に活かせたらと思います。


【東灘区】平成29年理事・世話人忘年会~遅くなりましたが~

[平成29年12月5日(火)]【東灘区】平成29年理事・世話人忘年会

場所/ラポスト 時間/18:00~21:00
☆平成29年理事・世話人忘年会のご報告
東灘区では、平成29年12月5日に理事・世話人の忘年会を行いました。記事を作っていたのにアップしていないという大失態でしたが、楽しかった忘年会を自慢したい!いやいや報告しなければという思いでございます(^^♪
今年(平成29年)は、神谷相談役おススメのラポストというワイン居酒屋で忘年会を行いました。
牡蠣のアヒージョや生ハム、デザートはめちゃくちゃおいしかったです♪
楽しいお食事会でしたが、今後の連絡会の活動についても熱く話し合いました。
特に1人ケアマネさんが研修にも参加していただけるように理事が関わっていけるようにしていきたいなと話をしました。







平成30年もみんなで頑張っていきましょう!!!

【東灘区】2018年制度改正勉強会(2018.3.20)

[平成30年3月20日(火)]東灘区2018年制度改正勉強会

場所/神戸ライフケア―協会 時間/18:00~19:45
『2018年制度改正勉強会』
参加者25名(会員15名 非会員10名)

☆勉強会内容
1.改正の概要~主に居宅介護支援事業所について
神戸市ケアマネジャー連絡会 代表 伊賀浩樹
2.契約書や重要事項説明書の変更について
神戸市ケアマネジャー連絡会 相談役 神谷良子

【コメント】
4月からの制度改正の勉強会を行いました。特に居宅介護支援事業所の改正点を重点的にお話ししてもらいました。
参加者25名(会員15名 非会員10名)でした。集団指導に参加されていた方も大勢いましたが、分かりにくかった点も多かったようです。特に確認しておきたい事項を冨田理事にまとめてもらい、3/24に行われる制度改正の研修の際に質問できるようにしました。

神谷相談役が用意してくれた資料は、これから契約書や重要事項説明書を作成する人に分かりやすくまとめたものであり、管理者の私も大助かり(^^♪

お菓子を食べたり、お茶を飲んだりというアットホームな雰囲気(最初は緊張した雰囲気でしたが…(笑))であっという間の1時間45分でした。


【東灘区】東灘区勉強会報告≪2017.10.12≫

[平成29年10月12日(木)]東灘区勉強会(事例を通して介護保険サービスと障害福祉サービスの関係について学ぶ)

場所/神戸ライフケアー協会会議室 時間/18:30~20:00 参加者/16名
『事例を通して介護保険サービスと障害福祉サービスの関係について学ぶ』

今回は、ひがしなだ障害者地域生活支援センターの植中千世様を招き、私、居宅介護支援事業所キラッとドリームの甲斐の2つの事例(障害福祉サービスの上乗せ・横出しサービスを活用し、支援したケース)をもとに、介護保険サービスと障害福祉サービスの関係について学びました。

「担当している利用者様の子供が障がい者だった。支援が必要な方だが、障害福祉サービスも受けていない状態だった。」
「視覚障がいをもった利用者様の同行援護っていうサービスがわからない。どこまで代筆できるの?」
「区役所の障害者担当の方が、自宅まで来て支援の説明をしてくれた。」
「ヘルパーをしていた時、介護保険と障害福祉ではサービス量が全然違った。」
「小規模多機能型を障がい者が利用した場合、上乗せ支給できるのだろうか?」
等々、各ケアマネジャーから障害福祉サービスについての疑問点や支援で困難だったことがたくさん出てきました。

ひがしなだ障害者地域生活支援センターの植中千世様より、一つ一つの疑問点に答えていただき
・障害福祉サービスを利用している人の約8割がセルフプランになっていること
・65歳になる3か月前には介護保険の申請を支援しなければならないこと
など障害福祉の現状等も教えていただき、とても有意義な勉強会となりました。



お茶を飲みながら…
お菓子を食べながら…
談話も交えながら…
少人数ならではの楽しい勉強会となりました。
東灘区では、今後、医療サービス、障害者福祉サービスの勉強会を定期的に行うとともに野中式の事例検討会も行っていきます。
会員の皆様、ぜひ、参加してくださいね。



東灘区 甲斐

【東灘】第18回東灘多職種連携会議「こぶしの会」のご案内

[平成28年5月25日(水)]第18回東灘区多職種連携会議「こぶしの会」のご案内

日時:平成28年6月8日(水) 20:00~21:30
場所:東灘区医師会館 3階ホール

東灘区医師会様との連携会議ももう3年が過ぎ、今回で18回目となります。
今回のこぶしの会は、たまつ訪問看護ステーション 看護師 長田敏子様をお招きし、『訪問看護師の立場から「連携」を考える』という演題でお話をしていただきます。
東灘区のケアマネジャーの皆様、是非、ご参加下さい!

添付資料
第18回こぶしの会申込書

【東灘】『気づきの事例検討会』(2016.6.23)

[平成28年5月24日(火)]東灘区『気づきの事例検討会』開催

日時/平成28年6月23日(木)19:00~20:30
場所/神戸老人ホーム 会議室
講師/芦屋市精道地域包括支援センター 基幹型業務担当主査 針山大輔 氏
『気づきの事例検討会』
昨年度まで、灘区と合同で参加させて頂きました「気づきの事例検討会」ですが、今年度より、東灘区でも開催させていただくことになりました。
東灘区では、年4回の開催を考えています。その第1回については、芦屋市精道地域包括支援センター基幹業務担当主査「針山大輔氏」をお招きし、基本から学びを深めていきたいと考えています。

「気づきの事例検討会」は、スーパービジョンの要素を取り入れた事例検討会として、提出された事例への固有の検討と相談援助職としての基本の両方を参加者全員で共に学ぶ場となります。(兵庫県介護支援専門員協会HPより)

実践力を付けたいケアマネジャーさんは是非ご参加ください!

添付資料
東灘区気づきの事例検討会 案内(6月)

【東灘区】東灘区理事・世話人会(2016.4.25)

[平成28年4月25日(月)]東灘区理事・世話人会

場所/オアシスデイサービスセンター1階 時間/18:30~20:00
『今年度の活動予定について』
平成28年度の事業計画の確認等を行いました。

東灘区では、
☆東灘区・東灘区あんしんすこやかセンター・神戸市ケアマネジャー連絡会合同の研修会(3回/年)
☆支援困難事例検討会(1回/年)
☆ショートステイ担当者との意見交換会(1回/年)
☆事例検討会(H28/7月・10月・H29/1月)
☆気づきの事例検討会(H28/6月・9月・11月・H29/2月)

…と上記の研修会は大体いつも決まっているのですが、

「平成28年度より、主任ケアマネジャー更新研修があります。主任ケアマネを対象とした個別スーパービジョンの研修を行いたい!」
「事例検討会に他職種の参加を呼びかけ、参加者の幅を広げてみては?」
「施設ケアマネを対象とした事例検討会を行いたい!」
「診療報酬の改定について勉強したい!」
「居宅介護支援事業所の主任ケアマネの役割についてみんなで共有したい!」

など様々な意見が飛び交い、制度や時代の流れに沿った、研修や勉強会を企画・実施していこうと皆さん意欲満々でした(^_-)-☆
(熱く話し合い、会議20分オーバーしました(笑))


ベテランと若手が生み出す、絶妙な化学反応!東灘区ケアマネジャー連絡会に乞うご期待!

【東灘区】第13回東灘区多職種連携会議「こぶしの会」(2015.8.19)

[平成27年8月19日(水)]第13回東灘区多職種連携会議「こぶしの会」

場所/東灘区医師会館 3階ホール 時間/20:00~21:30
「知っておきたい麻薬のあれこれ」
第13回の「こぶしの会」は、市立芦屋病院薬剤科部長 岡本禎晃先生に「知っておきたい麻薬のあれこれ」と題してご講演頂きます。
麻薬について非医療職にも分かりやすくお話しいただけるということです。
名刺交換のアイスブレーキングを予定していますので、名刺をお持ちの方は必ず持参してくださいね。

添付資料
第13回こぶしの会申込書

【東灘】第7回東灘区ケアマネジャー連絡会勉強会 「業務のストレスを分かち合う」(2015/8/6)

[平成27年8月6日(木)]第7回東灘区ケアマネジャー連絡会 勉強会

場所/東灘在宅福祉センター2階ホール 時間/18:00~19:30
「業務のストレスを分かち合う!」
今回で7回目を迎えた勉強会。本勉強会では、これまで多くの体験談や悩み等が共有されました。
この度、特別に関西学院大学から川島恵美先生をお招きして、ストレスについて参加者全員で学びました。

業務についてのストレスを1人1人付箋に記入し、ボードに貼り出して行ったのですが、家庭のストレスも業務のストレスと同じくらい上がってしまい、一同大笑い。みんな色々とストレスを抱えているのですね。



☆研修内容
①ストレスとは?
②ストレッサ―とは?
③ストレス反応
④ストレス・コーピング
⑤ストレス・マネジメント

上記5つの事について御講義頂きました。
途中、ストレス自己診断を行いながら、「自分がストレスをためやすい性格なのか?」「自分が上手くストレス対処できているのか?」などを確認していきました。
ケアマネジャーにとってのソーシャルサポートは、スーパービジョンであるとの話を受け、より一層、事例検討会に力を入れ、勉強会を活発にしていきたいなと思う内容でした。
川島先生本当にありがとうございました。

東灘区ケアマネジャー連絡会
HP委員会 甲斐 勇祐

【東灘区】事例検討会(2013.11.19)

第1回 事例検討会

日時: 2013年11月19日(火) 17:30~19:00
場所: 東灘在宅福祉センター2階ホール

詳細、お申し込みは添付の申込用紙でFAXをお送りください

添付資料
案内&申込書

【東灘区】第2回東灘区多職種連携会議開催(10.9)

第2回 東灘区多職種連携会議 開催のお知らせ


今回から3回シリーズで嚥下障害、誤嚥性肺炎についての勉強会を企画しました

日時:平成25年10月9日(水)午後8時~9時半
会場:東灘区医師会館 3階ホール

演題:Ⅰ 東灘区歯科医師会 森 充範 先生
     歯科医師の立場からみた誤嚥について

   Ⅱ 東神戸病院 管理栄養士 甲斐 千穂 先生
     管理栄養士の立場から見た嚥下障害について

詳細、お申し込みは添付の申込用紙でFAXをお送りください

添付資料
案内・申込用紙

【東灘区】東灘区多職種連携協議会学術講演会(10.12)

東灘区多職種連携協議会学術講演会


日時:平成25年10月12日(土)午後3時~4時半
会場:神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ「六甲」

製品紹介:アルツハイマー型認知症治療薬 リバスタッチパッチについて
                         小野薬品工業株式会社

一般公演: 東灘区薬剤師会 理事 小塚 ひとみ 先生
        認知症患者における飲み薬アンケート実態調査結果

特別講演: 山形厚生病院理事長 東北大学医学部臨床教授 藤井 昌彦 先生
        認知症のハイブリッド療法 
          ~リバスタッチとスキンシップの相乗効果~

詳細、お申し込みは添付の申込用紙でFAXをお送りください

添付資料
案内・申込用紙

【東灘区】The Dan Kai=座談会 (09.17)

The Dan Kai=座談会

こんなんトーク=困難話 The Dan Kai=座談会
これまでも、これからも色々あるだろうけど
今さら聞けない、あんなこと
今だから話せる、こんなこと・・・

日付:平成25年9月17日(火)
場所:東灘在宅福祉センター2階ホール
時間:午後5時半~午後7時(途中参加OK)
費用:会員無料  一般(非会員)300円

お申し込みは添付の申込用紙でFAXをお送りください

添付資料
52204f89-526.pdf